クルマでしか行けないカフェ


クルマに再び乗るようになってから、クルマで行けるカフェというものも再び開拓するようになった。駐車場があったり、近くにパーキングメーターや駐車禁止ではない道路があるカフェだ。

2006年に駐車監視が民間に委託され、駐車禁止が強化されてから、クルマやバイクを取り巻く環境は大きく変わったように思う。店の目の前にちょっと停めて珈琲飲むといったスタイルの店には停めておけなくなった。開拓しないといけないのだ。

そんな中、最近のお気に入りは、渋谷区神宮前の「J-Cook」、大森の「CoffeeOkaGarage」、東名高速入口の「スターバックス用賀店」だったりするのだが、一番は相模原市の「ZEBRA Coffee & Croissant津久井本店」だ。ここはクルマでしか行けないカフェだ。

圏央道の相模原インターチェンジを降りて、日当たりの良い道をしばらく流すと背の高い建物が現れる。聞いたところによるとオーナーが都心から50キロメートル前後の場所という条件で探し当てた場所らしい。

もともと工場だったのそこには巨大なロースターが置かれている。説明するまでもなく自家焙煎だ。高い天井の空間と戦うべく選ばれたようなJBLの大きなスピーカーからは、その日の天気に合わせたようにマイケル・マクドナルドの曲が流れている。

計算しているようで、していないかも、いや、とっくに計算済だろう、という空間の居心地がなんともいいのだ。http://zebra-coffee.com/