私がゲソ天ソバについて知っている2、3の事柄


最近、ハマっているものがある。それは「ゲソ天ソバ」だ。それも、都内に何か所かある「六文そば」もしくは、その系譜のゲソ天ソバでないとダメなのだ。

ゲソというのは、ご存じのとおりイカの足である。そのままだと若干食べにくい代物だが、六文そばのゲソ天は適度にキザんだものをかき揚げ状にまとめている。しかも、事前に生姜醤油に浸して風味を出したものを揚げているのだ。

このゲソ天を関東風の真っ黒な汁に絡ませながらいただくと、徐々にかき揚げが柔らかくなり、さらに生姜の風味が広がっていく。どこでも食べられればいいのにと思うのだが、六文そばでしか食べられない。しかも、ゲソ天は人気があるようで遅い時間に行くと間違いなく売り切れている。しばらくするとまた食べたくなる。不思議な魅力のあるソバだ。