クルマでしか行けないカフェ

クルマに再び乗るようになってから、クルマで行けるカフェというものも再び開拓するようになった。駐車場があったり、近くにパーキングメーターや駐車禁止ではない道路があるカフェだ。 2006年に駐車監視が民間に委託され、駐車禁止...

本郷の六差路

人は多差路を見つけると興奮する。普段見る丁字路や十字路と明らかな差分を感じるからだろう。写真では分かりにくいが、この本郷の六差路は手前・右・右奥・中央・左奥・左と道があった。非常に不自然な六差路であり、元々「何か」あった...

新宿伊勢丹の7階にあったコーヒースタンド

昔、新宿伊勢丹の7階には、カウンターだけのコーヒースタンドがあった。確か、運営はキャピタルコーヒーだったと思う。座席数は20席ぐらい、満席の場合は壁側に並んで待つ、というスタイルだった。自分は買い物途中の母親に良く連れら...

バスの仕切人 A Facilitator In The Bus

家の近くには路線バスが三路線走っており、便利に使っている。そのバスなのだが、電車より車内が狭いが故に、時折バス特有の問題が発生する。 通路の途中で立ち止まり、後ろに詰めない人。奥に詰めるよう運転手さんがアナウンスしても一...

無人化

コンビニのレジが無人化を目指しているそうだ。人不足の解消手段として、コンビニ各社が連合し、システムを構築するらしい。レジ一台あたり100万円~200万円のコストかかっても開発する意味があるという。 このままの勢いでファー...

マムシグサ

新千歳空港のすぐ近くにありながら、2016年現在、一日の乗降者数が0~1名と廃止が検討されている千歳線の美々駅(びびえき)。その近くに美々貝塚なる貝塚がある。貝塚にある説明を見ると、5000千年前の当時は平均気温が今より...

助川ダンス教室

汽車の車窓から見える海・岩礁、車で通る国道のトンネル・看板。地元に帰って来たことを認識するモノは人それぞれにあるのだろうけれど、現在の自分にとってのそれは、山手線の五反田駅と目黒駅の間にある「助川ダンス教室」に他ならない...

戦後70年の正月に聞いた話

戦後70年、戦中戦後の話を聞くことも少なくなったが、正月にその機会があった。 「海で遭難した人を助けるときは注意しないといけない。手をつかんだ瞬間に死を迎えることがあるからだ。」 その港は日本海側にあった。戦後まもなく、...

グッピーとピーター2

その昔は雑誌宝島のVOW(バウ)というコーナーで扱われていたようなハナシではあるが、散歩をしていると、珍名・奇名に出会うことがある。たいていの場合はアパートやマンション名であるのだが、気になって仕方ないのがこの二つのコイ...

趣味の店

街歩きをしているとたまに見かけるのが「趣味の店、○○」という店だ。趣味の店というのは、たいてい店主が好きなスポーツやカルチャー、あるいは特定の地域の洋服や雑貨を扱っている場合が多い。いずれの場合も一家言ありそうな店主が店...